頭皮200倍の拡大写真をご覧ください。
毎日シャンプーされ、清潔であると思っておられる方(20代男性)。毛量としては、現在充分にあり、毛径も太く、短毛はあまりないが…

そがわイメージロゴ

(1)一見健康

scalp1

毛穴に老化角質・皮脂が詰まっている。頭皮を充分に洗わず髪だけを洗っている為に、頭皮の汚れが充分に落とされていない。

(2)1回洗髪

scalp2

表面の汚れは取れているが、毛穴に詰まった汚れは落とされていない。一般的に外見上は清潔であると判断される場合が多い。

(3)軽い乾性

scalp3

乾性のフケ症は、洗髪回数の不足、シャンプー方法の間違い(髪だけを洗い頭皮を洗っていない)によるもの。細かなフケがパラパラと肩に落ちる。

(4)重い乾性

scalp4

洗髪直後、ドライヤー等で乾燥させるとすぐにフケ発生。原因として角化不全、大きな薄い膜のようなフケが出る。体調不良及び栄養の偏りが考えられる。

(5)軽い脂性

scalp5

毎日洗髪をしている限りべとつきはあまり感じないが、油性の強い整髪料ではべとつき、脂性のフケが発生。年齢とともに、髪が細くなり育毛処置を怠ると徐々に薄くなっていく。自分は異常と思わず、しょうがないと感じている場合が多い。

(6)重い脂性

scalp6

指先で頭皮を押さえると皮脂がにじみでるように指先に付着し、毛穴に皮脂が充満。通常の洗髪方法では夜洗髪しても翌朝にはべとつきを感じる。脂性頭皮は髪が細くたよりない。洗髪を怠るとすぐに毛穴周辺が赤くなり炎症湿疹に。

(7)洗頭前

scalp7

2日間行わないと、毛穴を中心にフケ、汚れが付着。炎症までには至らないが、むずがゆさを感じる。

(8)洗頭後

scalp8

毛穴のつまりを洗髪すると清潔になり、毛穴がハッキリとコップ状に開いているように観察できる。